医療費を取り戻す

健康保険に加入していると医療費が3割負担で済みますが、だからといって
何度も何度も通っていると多額のお金がかかってしまい、家計が火の車になります。
 

そして、そんな医療費をお得に取り戻す方法があるのを皆さんはご存知でしょうか?
 

その方法を知っているのと知らないのとでは
家計に与える影響が全く異なるのでどうせなら知っておいた方が良いです。
 

医療費を取り戻すのにポイントとなるのが
サラリーマンにはあまり馴染みのない確定申告というものです。
 

確定申告というと自営業者が手続きを行うようなイメージが強いため、
自分には関係のないように思われがちですが、そんなことはありません。
 

確定申告で医療費控除の申告をすることによって、
たくさんかかった医療費を取り戻すことができるのです。
 

医療費控除というのは年間10万円以上の医療費がかかった場合、
確定申告の期間に手続きを行うことで一定金額の所得を控除できるというものです。
 

申告には医療費をどのくらい支払ったのか証明するために
領収書などが必要になるので大切に保管しておきましょう。
 

医療費控除が適用される主なものは・・・

■ 治療費用
■ 治療に必要な薬代
■ 入院費
■ 交通費
■ 訪問看護費
■ リハビリ費
■ 分娩介助料

といったもので、これら以外にも適用できるものはたくさんあります。
 

これが医療費控除なので、仮に年間の医療費が10万円以上かかった場合は、
そのまま何もしないのは勿体無いので必ず確定申告を行なうようにしましょう。
 

このような制度が日本にはあるので、
例えば今年の医療費が10万円を超えない可能性が高く、急ぎの治療がない場合は
翌年になってから治療をまとめて10万円以上を目指すというのも1つの方法です。