高額療養費貸付制度

高額療養費制度を知っている人はいるかもしれませんが、
高額療養費貸付制度を知らない人は多いのではないでしょうか?
 

高額療養費貸付制度は高額療養費制度と深く関係しているので、
どのようなものなのか理解しておくと何かと便利です。
 

そもそも高額療養費制度とは健康保険を使用して
その月の医療費の自己負担額が多額なってしまった場合、
自己負担限度額を超えた分が払い戻されるという制度のことです。
 

つまり、高額な医療費が1ヶ月にかかった場合、
手続きをすることでいくらかお金が戻ってくるということです。
 

入院や手術をした場合、多額の医療費が発生する可能性が高いので、
そういった時に利用するようにしましょう。
 

そして、高額療養費制度は世帯で合算することができるので、
一人一人の自己負担額が少なくとも家族の医療費の合算金額が
自己負担額を超えた場合は利用することが可能です。
 

しかし、高額療養費制度の手続きを行っても払い戻しまで
3ヶ月~4ヶ月ほどかかってしまうのが一般的です。
 

3ヶ月や4ヶ月も時間がかかってしまうと
それまでの期間の治療がお金が無くてできない可能性がありますよね?
 

こういった場合、高額療養費貸付制度の手続きを行うことによって、
この期間に使用する治療を無利子で借りることができます。
 

高額療養費貸付制度は健康保険に加入している人であれば、どなたでも
利用することが可能で、申し込み後、約2週間~3週間でお金を借りることができます。
 

ただし、負担した金額の全額を借りるというのは難しく、
だいたい8割~9割程度だと思ってください。
 

また、市区町村によって高額療養費貸付制度の内容が多少異なる場合もあるので、
利用する前に一度確認をされた方が良いでしょう。